ハワイ不動産 - ハワイコンドミニアム 別荘

販売物件数3,412

ハワイ人気コンドミニアム

ニューコンドミニアム

カカアコの高級コンドミニアムを含むホノルル全てのニューコンドミニアムの最新情報

カカアコ

ホノルルのダウンタウンからアラモアナにある最も急成長のコンドミニアムエリア

ワイキキ

100以上のオアフのツーリストに人気のビーチアクセスの良い高層コンドミニアム

ハワイ人気一軒家

カハラ

ホノルルで最も有名な大邸宅の多い高級住宅地エリア。

ダイヤモンドヘッド

高級でモダンな一軒家がたつ。海に面しておりハワイで平米あたりの地価が最も高価なエリア。

ハワイロアリッジ

ハワイで最も高級で裕福層向けのゲート付き一軒家エリア。

ハワイ人気不動産

おすすめコンドミニアム

ハワイのおすすめコンドミニアムとランキングをご紹介します。

セカンドホーム

ハワイでのセカンドホーム情報と購入時に知っておくべき重要事項をご紹介します。

投資

ハワイ不動産投資に関する情報、投資の際に気をつける重要事項等をご紹介します。

ハワイ不動産基礎知識

ハワイ不動産購入手順

ハワイ不動産の購入手順とコストについて

税務

固定資産税、賃貸所得税、相続税その他

コンドテル

短期バケーションレンタル可能なコンドミニアムガイド

高級コンドミニアム

ワイエア

ワードビレッジにたつハワイでナンバーワンの高級コンドミニアム

リッツ・カールトン

ハワイで一番高級なコンドホテル。タワー1は2016年夏に完成。

パークレーン

アラモアナショッピングセンターに隣接する低層階の高級コンドミニアム。2017年に完成予定。

ワンアラモアナ

アラモアナショッピングセンターに隣接する高級コンドミニアム。2014年完成。

アエオ

ワードビレッジにたつ新しい高級コンドミニアム。2018年完成予定。


アナハ

ワードビレッジにたつ高級コンドミニアム。2017年夏完成予定。


ゲートウェイタワーズ

完成後はハワイで最も高級なコンドミニアムになる予定。

ホクア

カカアコにたつ素晴らしいオーシャンビューを持つ高級コンドミニアム。2006年建設。

ワイホヌア

アラモアナショッピングセンター近く、カカアコ特別地区にたつ新しいコンドミニアム。2015年建設。

トランプタワー

2009年建設された高級コンドホテル。ワイキキに位置しビーチに近い絶好のロケーション。

シンフォニーホノルル

2016年建設のカカアコにたつ新しいコンドミニアム。美しい施設と快適なサイズ。

ウオーターマークワイキキ

ワイキキの閑静な地区にたつコンドミニアム。一階はリゾートを思わせる美しい雰囲気。2008年建設。

コオラニ

カカアコにたつ素晴らしいフィットネスクラブがあるコンドミニアム。2006n年建設。

アルーアワイキキ

ワイキキとアラモアナの間にたつ比較的新しいワイキキのコンドミニアム。

モアナパシフィック

カカアコにたつ比較的お値打ちの2つのコンドタワー。2007年建設。

コレクションホノルル

カカアコにたつ新しいコンドミニアム。2016年にワイホヌアと同じ開発業者によって完成。

ハワイ不動産ニュース

2017年6月20日
2017年度のハワイ土地所有税について、オアフ島の住人がAレートに大きく変化したと発表。

2017年6月3日
新しいカカアコのコンドミニアムプロジェクトであるアアリイが、近い将来販売を開始する予定。

2017年5月9日
800の客室と500以上のレジデンスを含めたコンドホテル、2億ドルのアトランティスコオリナリゾートが、来月地盤を壊す予定。

2017年4月28日
FernストリートとKalakauaアベニュー角の1/2エーカーの土地に、1617Fernストリートとして高層コンドミニアム開発の可能性を含めた契約がはじまった。

2017年4月28日
ハワイ州法律上院はレールプロジェクトの予算集めとして、2018年1月よりTAT(ホテル税)を9.25%から12%へ上げることに同意。議員と上院メンバーは来週に投票を備えた提案書を出す。

2017年4月16日
オアフ島の2大トップリゾートであるコオリナとワイキキ。二者の違いを学んでみよう。this post.

2017年4月14日
開発社は元ナイキタウンのビルを、7階建て230室のホテルにする企画を提案。2018年に工事がはじまり、年内には完成する予定。

2017年4月13日
市はワイキキ側(Kalaimokuストリート)とハワイ大学側(Universityアベニュー)に歩行橋を建設する企画を提案。

2017年4月12日
市はレール予算支払いのため、1年間のGET(セールス税)延長が許可されなければ、土地所有税を上げる考え。

2017年4月10日
不動産の投資を考えているなら、この記事は必読。 Wealth Creation with Real Estate

2017年4月7日
25世帯の家を備えた新しいプロジェクト、カアアラハイランドがワヒアワに実現。

2017年3月31日
HCDA(カカアコ開発調整機関)は、買い手が購入後すぐにマーケット売買するのを防ぐため、予約物件や従業員用ハウジングの不動産予約時に提示する所得額を下げ、不動産購入時に規制をしく提案を出した。

2017年2月17日
Honolulu HI 5創設者の一言。Wall Street Journal article on Kakaako.


ハワイ不動産について
ハワイで不動産を買う際、最初に何を買えば良いのでしょう? ノースショアのオーシャンフロントの一軒家? 未来のホノルルと期待されるカカアコのコンドミニアム?それとも、発展目覚ましいカポレイ? 実際のところ、決まった正解、「これが最高!」といった答えはないのです。その代わりに、いくつかあるハワイの主要エリアの特色を知ることで、効率的な家探しができるはずです。それぞれの地区のユニークな魅力や特色を知れば、そこでの生活がどのようなものになるか想像がつきます。この島には数多くのオプションがあるため、全てのオプションについて一通りご存じでないと、正しい選択ができません。

ホノルル
ホノルルは、ハワイにおいては、ほんの数キロの距離を隔てた場所同士が、驚くほど環境が違ってくるというケースの典型です。

カカアコ
ここが完成すれば、ホノルルでの暮らしというものが、新しい意味合いを持つこと間違いなしです。ダウンタウンに隣接した、コンパクトな郊外型コミュニティです。大きな公園の数々と、屋外型の皆で集まれる施設があります。真新しいコンドミニアムのご自宅からゆっくり歩けば、数々のダイニングやショッピングはすぐそこです。素晴らしいオーシャンビューのお部屋だってあるでしょう。最先端の便利さと、時代を超越したオープンエアの喜び、目の前に広がる緑と、広々とした遊歩道。それがカカアコであり、現在作られつつあります。

ワイキキ
この世界的に有名な観光名所は、日々の生活に関しても良いことがたくさんあります。ビーチへは大抵の場所から徒歩圏内ですし、新しい食べ物のお店やナイトスポットが常に続々と登場しております。ワイキキの物件は、ほとんどすべてがコンドミニアムとなっておりますが、歩いて上がれる低層階のものからトランプ・ワイキキのように世界的にも豪華なものまで多岐に渡ります。常に何か新しい事が起こっている場所がお好みなら、是非ともここにお住まいになるべきです。

ダイヤモンドヘッド
ハワイの不動産の最高峰といったものがあるとすれば、それはこの地区かもしれません。ハワイを象徴するダイヤモンドヘッドの裾野にある高級住宅地は、全ハワイ諸島、もしくは全世界においても最も美しいオーシャンフロント物件の一つでもあります。最高級の戸建住宅コンドミニアムが、あたかも母なる自然による最高傑作のように、波打ち際の上に浮いているみたいです。お値段は100万ドル単位となっておりますが、その価値はあります。

マノア
マノアを初めてご覧になった際には、そこら中に広がる鮮やかな緑が目に飛び込んでくるはずです。谷の方へと向かうほど雨が増え、熱帯雨林気候の環境になるものです。この地区では、ほとんど毎日のように雨が降るため、美しい緑色の景観が保持できているのです。この地区は、涼しく、青々とした自然の繁る環境でくつろぐ目的で、上流階級の人たちが居を構えてきた歴史のある場所です。30年代や40年代に建てられた家が多く立ち並んでいるため、そういった家々の私道にはクラッシックカーが停まっているのでは…と期待してしまうくらいです。マノアの物件は、不動産マーケットにおいて、誰もが手の届くわけではない高い位置に、常にございます。喧騒から離れた上品なライフスタイルは、今でもここに存在しております。

ハワイカイ
ビジネスマンのヘンリー・カイザーにより1960年代に開発されたこの地区では、全てが水を中心に回っております。この海辺のコミュニティには巨大マリーナがあり、家々がマリーナの周囲、そして人工的に造られた半島に建ち並んでおります。一部のラッキーな住人の方は、マリーナを裏庭として利用しており、ドアからほんの数歩のところが、専用の船舶停泊ドックとなっております。背の高いコンドミニアムの建物は、谷側に建っておりまして、そこからはマリーナと海の両方に加えて、背後の緑の山々という素晴らしい景観を一望できます。3つの大型ショッピングセンターがあるため、欲しい物は何でもそろいます。これらのショッピングセンターには、ありとあらゆるレストランや食べ物屋さんもそろっております。中でも最も素晴らしい点は、お買い物やお食事に出かける際に船で出かけ、そしてまた船に乗って帰ってこられるところです。そんなことができるのは、ハワイカイだけです。

カイルア
カイルアにいらっしゃるなら、物理的にも気分的にも、ペースを落とした方が良いでしょう。ハワイのウィンドワード側にあるこの場所で暮らす人たちは、ゆっくりとしたペースで毎日を過ごすことを好みます。それは、高層タイプはもちろんのこと、中層タイプの建物ですら皆無であることを取っても明らかです。また、住人達のゆったりとした気質にもそれは現れております。車のクラクションの音が嫌いですか? お互いが、もっと礼儀正しく思いやりをもって人と接することができたらいいと思いますか? 「心配ご無用」があなたのモットーですか? もしもそうなら、お客様にはカイルアが向いているのかもしれません。

ここの不動産は、ほぼ全てが戸建住宅となっておりまして、大多数は平屋か2階建てです。開けた、遮るもののない地平線を守ることは、単なるプライドの問題ではなく、この町にとっては絶対に譲れない点なのです。「アメリカ最高のビーチ」を何度も受賞しているカイルアは、古き良きハワイを包み込むようなオーシャンサイドのコミュニティなのです―誰かがそれを変えようとしない限りは。

カネオヘ
ウィンドワード海岸から少し上へ向かうと、カネオヘに着きます。都会の高速道路が真ん中に走り、ウィンドワードモールという、コオラウ山脈側最大のショッピングモールを擁するこの街では、ペースは少し速くなります。ここにおける自然の主役は、悪名高いサンドバーという小島が干潮時に出現するカネオヘ湾です。ボートに乗って行けば、このサンドバーでパーティを楽しめますが、それも島が水の上に顔を出している間だけです。一度は体験されるべきです。

カネオヘには、高速道路周辺の雑多な分譲地から、地区全体に散在するコンドミニアム、そして海の真正面に立地し、ハワイ全体の中でも大変高級仕様となっております、戸建住宅とタウンハウス(もちろんオーシャンビューです)に至るまで、様々な住宅地がございます。

開発は続き、コミュニティは拡大しております。最近新しくできた不動産としては、2012年にオープンしたベイヴュー・ゴルフコースの戸建住宅がございます。カイルアと比較して、涼しくて雨が多く、多くの場合ではよりお求めやすくなっておりますが、贅沢さの部門に関しても、自慢できる点はたくさんあります。

ノースショア
ここはサーファータウンだと思われたならある意味で正解です。畏敬の念を喚起させるノースショアの海は、新旧の住人達を惹きつけてやまない理由の一つではありますが、自然が最も力強い状態でいる真っただ中にいられる事も、同じくらい重要なのです。有名な波は、スタート地点でしかありません。見渡す限りの開けた平原に、南国の草花や木々が自由気ままに育つ様もまた、ここの景観において建物はあくまでも飾りであり、主役ではないのです。

ある意味、ここでは人間は、自然の中の人間でしかありません。不動産を買うという見地で見れば、そもそも、ほとんど何も売っていません。地元の人たちにとって、コストコへ出かける際には、急に思いついてではなく、よく吟味計画した上での買い物となることが一般的です。

この町全体において、強い結束力が感じられます。なぜならば、ここに住むことを強く望むばかりでなく、ここの環境を保持したいという、住民たちの共通の思いを感じずにはいられないからです。何度も開発計画は提示されましたが、いずれも開発には至っておりません。

ご期待になるような、プレミアつきの海の真正面に立地した、オーシャンビューの戸建住宅はここにありますが、ご覧にならなければその実在を信じることは難しいでしょう。何百年も前の時代の、本当の意味でのハワイに戻って来ることをお望みならば、ノースショアほどそれに近い場所はありません。

ワイアナエ&マカハ
ワイアナエとマカハは、リーワード側と呼ばれる、ハワイのオアフ島の東側とは反対側に位置します。ウィンドワード側と比べ、暑くて乾燥した場所にあるこれらのコミュニティは、島の北西の角に近いエヴァ平野の上にございます。西に実在する最後のコミュニティであるマカハは、とりわけ角に近いところにございます。マカハもワイアナエも、共にネイティヴ・ハワイアンの人口が非常に多いため、ネイティヴ・ハワイアン文化や風習が色濃く残っている点も、他のエリアと違うところです。

ここでの家は、全般的によりお求めやすくなっております。ホノルルやエヴァビーチほどの数はありませんが、コンドミニアムもございます。これらの町の住人達は、中心部の観光客があふれる地区よりも、そういった影響の及ばない場所での暮らしを望んでおります。

マカハがハワイの本当の辺境の地と呼ばれ、よそ者は滅多にやって来ることのない場所である一方で、ワイアナエはより大きく、より舗装の行き届いたコミュニティです。ここの人たちは、自分達同士で固まる傾向があり、この地区の出身であることは、彼らにとっては重要なアイデンティティの基盤なのです。

カポレイ
カポレイが与えられた「第二の都市」の称号にも関わらず、不動産はほぼ全て戸建住宅かタウンハウスとなっております。高層タイプのコンドミニアムは、現時点では非常に少なくなっております。建設ブームが盛り上がっている現状においても、ハワイの東側や中央に比べて、各物件ともより広く、お求めやすい価格設定になっていることに変わりはございません。その点で、本物の芝生や2ベッドルーム以上ある家を夢見る若い家族が、多数ここにやって来ました。

新しい鉄道計画の西側の終着駅というカポレイの立ち位置は、すでに便利さという点で知られていた、この街の値打ちをさらに高めることとなりました。ゴルフコースの数々とともに、島のこちら側にある主要ショッピングセンターのほとんどは、このコミュニティにあります。ハワイ大学の支部もこの街へと広がってきております。そしてゴルフコースのフェアウェイには高級住宅が立ち並んでいるのです。

新しい住宅地の造成は終わりにはほど遠く、今ではカハラ様式の大豪邸や広い住宅が林立する、カポレイ―イワラニといった高級志向のオプションに注目が集まっております。街全体がこれから誕生しようとしているこの地区にお住まいになれば、いまだ結末を迎えてはいない冒険の物語に参加することができます。

エバ
エバにおいては、1988年にかつてのプランテーション農地が開発の狼煙を上げてからというもの、隣接するカポレイ以上に長い間、力強い成長が続いております。全体としてはカポレイと同じように、ホノルルよりもお求めやすい価格帯の戸建住宅やタウンハウスが中心となっております。住人たちは、ちょうど良い距離にあるカポレイで、常日頃からショッピングをしたり、食事を楽しんでいます。

この街の最近の歴史が意味することは、ほぼ全ての家が築25年であるということです。かなりの割合で、もっと新しい家があります。例えば2009年以降に始まった、カマカナ&キプカのプロジェクトといったものがあります。これら2つの街は、より高級志向のお客様向けに造られた、新たな住宅の一部です。これらの住宅がゴルフコースを囲むように建っていることは、ターゲットのマーケットにおいてとても重要な要素です。しかしながら、ハイエンド物件、お求めやすい物件、どちらのタイプをお探しの場合でも、この地区が時間の経過とともに更に良くなることは確実です。

マカキロ
マカキロの住宅地は、エバ平野にあるコミュニティの大多数とは少々違っております。というのも、マカキロはこの地区に特徴的な平地にあるというよりかは、それよりも高い場所にあるのです。カポレイの街とアメニティ施設からは高速道路一本で隔てられたこの丘陵地には、近所よりも早い時期から家が建っておりました。裾野に最初に家が建ったのは、1960年代でした。ここからは、海だけにとどまらずエヴァ平野、そして遠く離れたダイヤモンドヘッドまでをも見渡せるという噂が広まると、開発は丘陵地の上の方へとどんどん進んでいきました。

今でも工事は続いており、年月が経過する中で、大きな戸建住宅が並ぶ地区の周囲にはタウンハウスコミュニティがいくつもできました。最も最近に完成した地区は、マカキロ―カヒウェロ地区で、ここは戸建・タウンハウスの両方のタイプがあり、3-5ベッドルームの間取りとなっております。マカキロからは常に果てしない遠くが見えるわけではございませんが、曇った日でも友人が皆羨ましがるような景色はご覧いただけます。

パールシティ&アイエア
パールシティとアイエア地区は、パールハーバーの西側に位置しており、中央を通るカメハメハ・ハイウェイの両側には、ハワイで2番目に大きなショッピングモールのパールリッジモールを含めた、数多くのショッピングセンターが立ち並んでおり、いずれも非常に活気のある街です。住宅のほとんどは丘陵地にあり、パールハーバーと大海原を見渡す理想的な眺望となっております。

アイエアは1900年代半ばに主に東側に建てられた戸建住宅群と、パールリッジに沿った西側に建つ現代的な住宅、タウンハウス、コンドミニアムという対照的な建物があることで知られております。平均的には、アイエアの家の方が高めの値段になっておりますが、どちらの地区でもホノルルと比較すると安値に、またエヴァ地区と比較すると高値になっております。

パールシティはまた、1950年代と60年代に建った美しい戸建住宅の数々が、より最近になってからできた住宅と混在していることも特賞的です。アイエアと同様、ここもまた非常に多様なコミュニティとなっていて、アジアやポリネシアのルーツを持つ人たちも住んでおります。驚くほど多岐に渡るレストランは、この豊かな融合が形作ったものの一つにすぎません。

多様性はハワイ全土において祝福されておりますが、アイエア&パールリッジは、その最も鮮やかな形かもしれません。それも最高の!

ワイパフ&ワイケレ
ワイパフ、ワイケレの土地はかつてサトウキビ畑で埋め尽くされ、1900年中期と後期に渡りサトウキビ農園として栄えてきました。
ワイパフは古き、都会的な2つのビジネスの忙しい通りファーリントンハイウェイ

住まいは町の制限以内で一軒家、コンドミ二アム、タウンハウスが全域に健在しています。
ワイパフの不動産は初めてのバイヤーを魅了して、島の他のエリアよりも購入しやすくなっています。
パールシティを越えたロケーションですが主要なダウンタウンホノルルへの通勤エリアとなっています。
ワイケレはワイパフと目と鼻の先ですがとても異なっています。
ここの不動産は一軒家とタウンハウスが広がり、公園と緑が全体に広がってはっきりと高級な郊外の物件になります。
ユーティリティは電柱、電線も同様に地下にあり景観をそこなうことなく空はいつも視野に入ります。
ワイパフはワイケレゴルフコースを中心にした1990年から2000年に出来たまだ若いコミュニティです。
住民はワイケレアウトレットという便益もあり、
ミリラニ・マウカ
島の中央に位置するミリラニ・マウカの開発は、1991年に始まり、2007年に完成しました。より大きく歴史の長いミリラニ・タウンとは、高速道路H-2を隔てた東側にあります。高台にあるため涼しいだけでなく、多数の間取りをご用意しておりますので、ここでの生活を存分にお楽しみいただけます。

戸建住宅とタウンハウスは4,000-10,000平方フィート(約371-929平方メートル)の面積となっており、多くの物件には屋根付きガレージがついております。また少なくとも、屋外で時間を過ごしたり、犬の居場所になるくらいの大きさに庭もほとんどの物件についております。この高級コミュニティにない唯一のものはショッピングですが、お店がたくさんあるミリラニ・タウンまでは車ですぐです。この点は、すぐそばで買い物できることに慣れ親しんだ皆様には少々不便に思われるかもしれませんが、だからこそこの場所の静かなる神聖さが保持できるのです。ここへお住まいになれば、それがどれだけ素晴らしい贈り物かということが、すぐにお分かりになるはずです。

ハワイの不動産の旅は、次はどこへと行くのでしょう?
ハワイの不動産は、決まった一つの大きさのものでもなければ、一つの場所に全てが当てはまるわけでもありません。考慮すべきことは、気候一つをとってもたくさんあります。マノアには熱帯雨林がありますし、エバは乾燥して温度が高く。ミリラニは涼しい台地です。誰もが知っているように、多くの人たちがハワイの不動産を最初に購入しようとする際には、砂浜とヤシの木を思い描いております。それこそが、常に報道されているものですから当然です。その写真が素晴らしく、そしてまた事実であるからといって、ハワイにおける生活のまだ見ぬ素晴らしい可能性の数々を探求しないでいると、損をしかねません。こうして一部をご存じになった今こそ、より深く掘り下げるべき時です。