パークレーンアラモアナ-14件

フィルター
 
パークレーンアラモアナ #3705
4,500,000ドル 2 ベット
2.5 浴室
168平米
パークレーンアラモアナ #1504
1,800,000ドル 1 ベット
1.5 浴室
78平米
パークレーンアラモアナ #2402
3,980,000ドル 2 ベット
2 浴室
149平米
パークレーンアラモアナ #1605
1,888,000ドル 1 ベット
1.5 浴室
78平米
パークレーンアラモアナ #1706
3,450,000ドル 2 ベット
2 浴室
145平米
パークレーンアラモアナ #1506
3,250,000ドル 2 ベット
2 浴室
142平米
パークレーンアラモアナ #8500
4,058,000ドル 2 ベット
2 浴室
134平米
エスクロー
パークレーンアラモアナ #7404
6,108,000ドル 3 ベット
3.5 浴室
250平米
パークレーンアラモアナ #7704
6,415,000ドル 3 ベット
3.5 浴室
252平米
パークレーンアラモアナ #8600
4,518,000ドル 2 ベット
2 浴室
134平米
エスクロー
パークレーンアラモアナ #5605
4,675,000ドル 2 ベット
2.5 浴室
185平米
エスクロー
パークレーンアラモアナ #5405
6,073,000ドル 3 ベット
3.5 浴室
246平米
エスクロー
パークレーンアラモアナ #7501
5,787,000ドル 3 ベット
3.5 浴室
227平米
エスクロー
パークレーンアラモアナ #5505
10,337,000ドル 4 ベット
4.5 浴室
385平米
最新情報
現在購入可能な物件で最もお求めやすい価格帯のものは、300万ドルちょっとの2ベッドルーム物件となっております。

パークレーンアラモアナは、現在建設中の超豪華コンドミニアムです。アラモアナセンターの西側ウィング、アラモアナ通りに面した立地にあります。
3段階を経て完成する予定です: 第1期: 2017 年春(ピイコイ・ストリートに最も近い3 つの建物) , 第2期: 2017年夏 (中央部の2つの建物), 第3期: 2017年秋 (ワイキキ川に最も近い2つの建物)

2016年1月現在のパークレーンアラモアナのビデオ( January 2016 Park Lane Ala Moana video,)で、建設プロセス がご覧になれます。

デベロッパー
地元で高く評価されているコバヤシ・グループとマクノートン・グループ( The Kobayashi Group & MacNaughton Group) (この2社のグループは、超豪華コンドミニアムのホクア(Hokua)建設の折にもタッグを組みました。直近で手掛けたプロジェクトとしては、ワン・アラモアナ(One Ala Moana)があります)
7 棟の建物によるコンセプト
パークレーンアラモアナは、6棟の建物からなるように見えますが、ピイコイ側の アラモアナ通りから少し後ろの方の建物  は、実は50戸の1ベッドルーム物件からなる独立した建物なのです。これにより、パークレーン・アラモアナには全部で7棟の建物があることになります。

パークレーンの概要
高さ100フィート(30メートル)の7棟からなる建物に,全215 戸, 95 の異なる間取り,があります。
住居部分は 3 -8階, 駐車場は 3 - 4 階 (1 - 2階はモールの駐車場)。
床から天井までの高さは11.5 フィート(3.5メートル)で実際の天井の高さは 10フィート(3メートル)あります。1ベッドルーム物件のクラブレジデンスに関しては天井の高さは9フィート(2.7メートル)となっております。
5戸のペントハウスがあり、その屋内面積は 5,093 - 6,259平方フィート (約473-581平方メートル)の広さで、全戸とも広々としたラナイ付きです。

パークレーン・アラモアナの多くのお宅には、広いラナイがついており、まるで戸建住宅のように屋内から屋外へと空間が広がるコンセプトを取り入れております。ほとんどのラナイには専用のバーベキューステーションが付いています。住居は、3階にある中庭を取り囲むように造られております。

アメニティ
パークレーン・アラモアナの5 - 6階には、最新式のアメニティの数々を取りそろえています。その中の一例としては、リゾートスタイルのプール,  サウナ, スチーム室, 冷たいレインシャワー, マッサージ室, フィットネススタジオ, ヨガができる芝生といったものがあります。

パークレーンは、様々なコンセプトから着想を得て造られた、非常にユニークで、ハワイをテーマにした超高級プロジェクトです。いくつかの建物 / コンセプトは、世界的に有名な建築家のウラジミール・オッシポフ (Vladimir Ossipoff)によって構想されました。